月別アーカイブ

カテゴリ:プロジェクト、CSR、技術

「宮古盛岡横断道路」国道106号 松草トンネルが貫通

5月14日、岩手県宮古市で施工中の国道106号松草トンネル工事(所長:宇野淳二)においてトンネルが貫通しました。


↓ ↓ ↓ 動 画 ↓ ↓ ↓

▲スタートボタンを押すと動画が再生されます(再生時間 41秒)

東日本大震災の『復興支援道路』として、観光振興にも期待


この工事は、国土交通省東北地方整備局が事業を進める宮古盛岡横断道路(延長約100km)のうち松草トンネル(延長534m)を施工するものです。この事業は、東日本大震災で被災した沿岸部と内陸部の連携強化による早期復興支援などを目的とした「復興支援道路」として平成23年度に事業化されました。
当社トンネル工区は宮古盛岡横断道路の中でも最後に発注され、昨年4月から掘削作業を開始しました。延長のほぼ半分が低土被り、また、冬は-10℃以上になる厳しい施工条件でありましたが、無事貫通することができました。
掘削作業では、周辺環境に考慮し、通常の防音扉に加えコンクリート充填2層式防音扉を設置し発破時の騒音振動を抑えました。

道路開通により、災害時?平常時の輸送効率化や沿岸地域の観光振興に大きく寄与することが期待されています。


202005matsukusa01.jpg

韩国三级_咪咕影院_免费无码午夜福利电影